MedicalHeart
[メディカル・ハート]







精神医学

自己診断テスト

悩み掲示板

詩・散文



トップページ

詩・散文

| 新規投稿 | リスト |

―この掲示板では以下の行為を禁止します―

禁止行為がされた投稿については、サイト管理局の判断により
該当記事を予告なく削除させていただきますのでご了承下さい
尚ここに書かれた全ての投稿の知的所有権は本サイトに帰属することを御了承ください

・ 詩・散文以外の投稿(投稿に対して返信はできません)
・ 公序良俗に反する行為(個人情報・名前・メールアドレス・URL・住所・電話番号等の記載)
・ 特定の個人、団体等の知的所有権を侵害する行為
・ 不愉快な表現、議論(卑猥・暴力的・差別的表現など)を含む書き込み
・ 署名活動、仲間募集を含む集客行為や、倫理的にみて他の利用者の迷惑になる行為
・ あまりにも多いと思われる連続投稿



No.1205  ◆ ありません | 満月になれない 2018/12/15(土)20:19:16 ++NEW++
あれは軍隊の行進のようであります。
住処の内に起こる搾取であります。
擦り切れた手足は死人のように赤く腫れて、
されど熱は一向に引いてはくれません。
明日も学校がありますから、どうか顔だけはやめてください。
そういう願いはたまには叶うものであります。
私は学校ではいつだって優等生ですが、
私の悩みを打ち明けられる者はただの一人もいないのです。
何故なら私の顔は酷く醜いからであります。
悲劇に浸ることを誰にも許されないのであります。
私が言葉を話し、文字を書き、屋根の下で寝れるだけで幸せに思うことだけが私を救います。
欲しがってはいけないのです。欲しがってはいけないのです。
削除キー

No.1204  ◆ 認識 | 伝書鳩 2018/12/10(月)23:25:13
黒い点が糸を巻いて空想する
虹がかすれて笑ってしまう
黒い窓ガラスに映る顔
髪の毛が巻き付いて喉にささる
理解できない頭を抱えて
知らないならそれでいいとする
適当をなぞらえて呼吸もできないまま
首輪をつけてなおもがきつづける
快感に身をゆだねても
嘘に絡まる首をさながら乱暴に
乱暴に
乱暴に乱暴に
面白くなってきた
削除キー

No.1203  ◆ 続き | ふちこ 2018/12/07(金)15:47:35
飲んだら忘れる。それはハッピーなこと
忘れてただ上を目指して勝つことだけを考えればよいのである。昨日彼氏に鼻の穴を膨らませて自慢気に人間の生きる意味とは真理を追求することとか宣ってたじゃん

とか考えてると涙も鼻水も乾いてきてスンとした気分になるから人間はよく出来てるもんだ。まあそれにはODの多大な功労があるけどね。悲しくて乾いた笑いが出る
削除キー

No.1202  ◆ どうでも良いけど中上健次の短編「隆男と美津子」暗くハマるのでおすすめ | ふちこ 2018/12/07(金)15:43:05
飲めば忘れる
ブロン飲めば忘れる。飲んで忘れれば良い。私はそうやって生きてきた。飲んでも忘れられないなら次は腕を切れば良い。そうやって生きてきた
飲んだら忘れる
削除キー

No.1201  ◆ 皆いなくなればいいなんて安っぽい願いね、なんて言ったらそう願った人に失礼よね。軽々しく言えないわ | 夜 2018/11/17(土)21:26:48
わかってる。どのような原因で私がこんなになったのかなんて、簡単すぎて笑うわ。そしてどうすれば改善するのか、改善したらどうなるのか、改善しなかったらどうなるのかなんてのも分かりやすいわね。でも無理なのよ。


私には耐えられない。きっと逃げたくて泣き倒してあなたを呼ぶわ。でもそうしたら悪化するのよね。だけど無理なのよ。適度に助けてもらってそうやって一生過ごそうとしてた。けれどそんなことやっぱり無理なのよね。

そう何もかも無理なのよ。
無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ無理なんだ
削除キー

No.1200  ◆ 疑り深い者はきっと幸せになんかなれないなんて失礼にも程があるので結局私がひとりぼっちで悪いのね。知ってた | 夜 2018/11/17(土)21:20:37
ああ空高く、目線は違う。私はどこに目をつければいいの?空気すらあなたものとは違うんです。私の空気は生温くって気持ち悪い。排ガスのようにふよふよ浮いている。ねぇ私は馬鹿にされてない?その場の空気で褒めた?私はめんどくさい?こんなに疑う私はおかしい?最近人の気持ちを理解しようと努力するせいで、裏を読んじゃうの。裏なんてないのに。ごめんなさい。私なんか空に浮かぶ引き立て役。這い回るミミズ以下のゴミ。死んでも不幸なんかじゃないのよ。きっと周りからはそう思われてる。私は私が不幸だと思うわ。
削除キー

No.1199  ◆ 自分は何か | 自分 2018/11/13(火)01:14:25
いつも少しのことでいらいら

何かあるたびにぶつかる
誰かに言いたいけど言えなくて
八つ当たりする毎日
イライラして、暴言吐いて、満足して、
罪悪感に浸ってて

自分が何なのか見失っていく
誰かに褒められたりしないと自信なんて
全てなくなっていく
比べられてるとずっと感じる
誰かをまわりが褒めていることに対しての
嫌悪感
自分は何だと問いかけたくなる

何か不幸なニュースがあるたび
自分がここにいたら、絶対不幸な目にあっている
ということばかり

愚痴を言っているときが一番気持ちが楽になる気がしている
誰かに強く当たるのが
格好いいと思ってしまっている

最悪の毎日

クラスもずっと、ずっと息苦しく感じる

楽しいはずなのに? 楽しいよ。

なのに、自分が一番でないといけない
責任感に追われて、息苦しく首を絞めているのも
自分なのに 首を絞めてしまう自分も全て
全て全て全て全て嫌い


少しの刺激が欲しくなっていく

勉強、なおさら恋愛もうまくいかない
選ばれるのは違う人。選ばれている自分なんて目に浮かんだことなんてない。



自分がいなくなったら

周りはどうなるんだろうか。




いなくならないと分からないことが


自分の生き甲斐になる気がしてる
削除キー

No.1198  ◆ IDENTIFY | a world 2018/11/05(月)12:14:19
Ep22-61 (2018.11.05)

who the hell are you?
もういいよ
やめてくれ

努力して作り上げたものも
壊してしまいたくなるんだろ?

昨日感じた確かな幸せも
また忘れてしまうんだろ

明日感じる確かな痛みも
もう痛いと思えないんだろ

どうでもいいことが
どうでもよくないことが

過去が
尾を引いて
やって来る
また俺に牙を剥く

だから生きている
生きていなければ
生かされている
生きていたい

やめとけって
その感情もどうせ
全て飲み込んで無化される。
怖くなんてないよ
怖くて仕方がないよ

だから誰よりも笑っていようと思う。


はじめまして。
この世界で僕をみつけてよ
くだらないこと抜きにして本当の僕を。

また明日ね。
きっと報われるから
あなたも僕も。
削除キー

No.1197  ◆ 私 | 変わりたい人 2018/11/01(木)19:09:01
褒められたいの
褒められると嬉しいから
でも褒められたくないの
褒められたら期待に応えないといけないから
かといって貶されたくないの
ほおっておかれるのもイヤなの
自分でも
何が言いたいのかわからない
私の中では
全部のことに反論があって
正しいことがないの
正しいことが分からないの
自分が
何をすべきか分からないの
何を考えているか分からないの
何を感じているか分からないの
私の中に二人いる?
それもなんだか違う
一人なのに
一人なのに
一人なのに全部考えられるの
いろんな人になって考えられるの
分かった!
私は役者なんだ!
いろんな役になって考えているのね!
でも待って
何も解決していないわ
私の本名は何?
私は何をすれば良い?
削除キー

No.1196  ◆ B&C | 丹湖 2018/10/23(火)22:24:22
ミミズまみれの腕だがどうした
ただ表皮を傷つけただけ
切っては治り切っては治る。同じことの繰り返し。ひたすら繰り返していると気づけば19。自分を許せない気持ちは変わらない。生きていたくないから行き当たりばったりな生き方も変わらない。そんな生き方のために家には借金。

薬が欲しい。生きていたくない、自分を貶めたい、自分から逃げたいから私は薬に手を伸ばす
この先何十年と生きるなんてあり得ない。途方もないことじゃん。生意気で贅沢な悩みだな

この傷痕たちが恥ずかしい。自傷で作った、人に隠すべきものだからじゃなくてただ表皮を傷つけただけの傷だから。許せない。脂肪層まで切らなければいけない。いずれは血管まで切ってやる。

ちょっぴり深かったせいで血が止まらずたった一日で貧血に陥ったことがある。怖かった
一度は血の止まった傷口をピンセットで開いたのだった。傷口からだらりと短く首を出していた細い糸か管のような何かをピンセットでぷちっと摘み、潰したのだった。見ていたらジワジワ血が滲んできて、そのまま放って置いたら今度は小さい飛沫が傷口から湧き上がった。ふなっしーと張り合えるくらいにブシャーっとしていた血は畳を汚し、タオルを汚して流れ続けた。私はそれに満足してほくそ笑みながら現在の恋人になった人と電話していたのだった。



電話を切り一人になったあと、未だ血の止まらない腕にタオルを巻き、布団にも同様に敷いてそのまま寝た、その数時間後の深夜2時にいきなり目が覚めた。布団に染み込んだ血と白くなくなったタオルに気が動転。初めてだったからびっくりしてパニックになり朦朧としながら救急車を呼んだ。私はしがみついてしまった。縫う必要も輸血する必要も何もない傷口を見て病院の先生は鼻で笑った。気がした。恥ずかしかった。情けなかった。無駄毛処理を怠った汚い脛も恥ずかしかった。私は恥ずかしい人間生まれたときから。

左腕はカットで、右腕は自分ではもはや抑えられない爪で皮膚をちぎっていく自傷によって汚くなった


へっ
なんてね

もうどうでもいいや
たまに辛くなって今日みたいにお風呂場で泣くこともあるけど
削除キー

 PAGE: 1[120] 


全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。
Copyright(C) medical-heart 2002-2017 All rights reserved